黄色と白の花

​国際的な感覚

学院長のアートプロジェクトに特別授業として参加することで、海外とのつながりをリアルタイムで実感することができます。

​この経験による価値はすぐにはわからないかもしれませんが、後に大きく花開くでしょう。

2022年3月10日から、学院長のアートプロジェクト"マリス国旗プロジェクト"を特別授業として開始。ウクライナとロシアの国旗を制作し、平和について考えます。

日本美術家連盟の公式facebookに掲載されました。

国際アートコンクール"フィレンツェビエンナーレ"に展示する作品の一部を制作

その様子がフィレンツェビエンナーレ公式ホームページに掲載(こちら)

​イタリア現地の会場内に展示され、日本にいながらも海外を実感した貴重な経験に

イタリアのキエリ繊維博物館で学院長が個展をした際、ワークショップも実施し、その作品の一部を制作。その様子を収めた写真がイタリア現地メディアに掲載(こちら)

​自身の手で触れて制作したものが、イタリアの人々の手に実際に触れられる感覚は、美術を通して国境を超えた繋がりをリアルに感じます

​貴重な時間

世界のトップで活躍するアーティスト

"高橋りく"が指導

高橋が自ら開発した特別な授業で、美術の根本を基礎から丁寧に学べます

_DSC3134灰色.jpg
Gradient_edited_edited_edited_edited.jpg