學院長がフランスにて部門グランプリ受賞

フランスで最も権威ある発明コンクール"コンクール・レピーヌ"にて、現代美術作家である學院長が発明した、世界で初めての目が見えない人も見える絵画技法"マリス"が部門グランプリを受賞しました。

当學院では現役の現代アーティストが指導を行い、又、希望者は作品制作に参加する事も出来ます。アートの最前線の現場を身近に体験出来る環境となっています。

Archive
Recent Posts