​卒業生の声

​電通インターンシップ「アイデアの学校」に参加しました

ラグドール猫

インターンに参加してまず驚いたのは、美大生という括りではなく参加する立場だったことです。周りには美大の子もいましたが、東大とか慶応とか勉強で日本のトップにいるような子たちもいます。一緒に講義を受け、グループを組んだり、プレゼンテーションで競い合ったりしました。

 

発想力や具体化する力が大切なので、アイデアを具体化するトレーニングをし、さらに制作で実物まで臨機応変につくれる美大生は「どのような現場に行っても強みがある」のだと実感しました。

インターン期間中は電通の本社ビルに通います。まさか自分がそんな体験をするとは受験生の頃は想像もしていなかったです。働いている方への接し方などの礼儀は、予備校生の時点で、この学院で教わっていて良かったと思いました。即席のグループで協力し合う課題も、アートプロジェクトで得た経験が活かされました。

参加者全員で競う最終プレゼンテーションでは2位を取ることができました。他の人とは違う、色々な経験をさせてくれた高橋先生のおかげだと思っています。ありがとうございます。

任天堂のオンラインセミナーを見て、ワクワク!

ファンタジー

秘密ということでもないのですが「多摩美術大学生限定の企業説明会」という文言の募集チラシが校内にはあります(多摩美のツイッターにもでてます)。多摩美に入って良かった!と思いました。

大手のクリエイティブ系の就職を考えるなら美大選びは大切だと思います。就職しやすい環境があるかないかという現実があるからです。

セミナーの内容を口外することはできませんが、ゲーム制作の課程や部門分けといった専門的なことを知ることができましたし、某有名ゲームの一般には公開されないものを見ることができてワクワクしました。自分にとって楽しいことで仕事が出来る!それが実現できる可能性が高い!というのは毎日が楽しくなる魔法だと思います!